― IoT、クラウド、そしてAIへ ―

テックポエム

― IoT、クラウド、そしてAIへ ―

サポート担当 長野です。

 我が家ではAmazonダッシュボタンを購入してから、トイレットペーパーや洗剤などの生活消耗品を切らすことがなくなりました。

 10年とは言わず、ほんの4,5年前に一般家庭の冷蔵庫や壁に貼られたボタンを押すだけで足りなくなりかけていたトイレットペーパーや洗剤が、自宅に配達されるようになるなど、誰も予想すらしていなかったのではないでしょうか。

 

IoTやクラウドは、誰もが気付かぬうちに既に利用しており、今や生活の一部にもなりつつありますが、そんな中で忘れていけないは、やはりAIです。

AI の普及によって人間の仕事が奪われるという記事をたまに見かけますが、個人的にはAIをパートナーとして協業していくシーンのほうが増えるような気がします。

 

 そうなれば、スターウォーズに出てくるような、あらゆる言語を通訳してくれるC3-POや機械の故障から乗り物の運転や制御までこなすR2-D2のようなドロイドが、みなさんの傍らでごく普通にみられる日もそう遠くなく訪れるのではないでしょうか。

 

 ちなみに中国やパキスタンのレストランでは、ウエイトレスをこなすドロイドが活躍しているそうです。