バージョン番号をつけましょう

お役立ち豆知識

バージョン番号をつけましょう
皆様は、弊社製品のバージョン番号を確認したことはありますか?弊社製品のバージョン番号の確認方法は製品やプラットフォームごとに異なりますが、例えばAndroidのUnifinity Application Playerなら、起動後最初に表示される画面の右上にあるメニューから「バージョン情報」をタップすることで確認できます。2018年7月1日現在公開されている最新バージョンは、2.20.08です。

Android版Unifinity Application Playerのバージョン番号確認方法 Android版Unifinity Application Playerのバージョン番号表示例

バージョン番号を振ることで、アプリケーションに更新があったときでも、いつリリースされたアプリケーションなのか区別するのが簡単になります。どんな小さなアプリケーションでも(たとえ3000行のCSVをDBに追加するためだけに書いた使い捨てのつもりのアプリケーションでも)、1回作って終わりになることはほとんどなく、たいてい改良や変更を積み重ねていくものです。「新しい機能が追加されたはずなのに動かない!」と思ったら古いバージョンのものを使っていた、というようなことがないよう、アプリケーションを使う際はぜひ日常的にバージョン番号を意識してみましょう。
Unifinity Studioでも、皆様がお作りになるUnifinityアプリケーションにバージョン番号をつけることができます。Unifinity Studioのメニューにある「プロパティー」ボタンをクリックすると、「Unifinityプロパティー」ダイアログが開きます。このダイアログの「プロジェクト」タブの中に「バージョン番号」欄があり、ここでバージョン番号を確認・変更できます。設定したバージョン番号はロジックコンポーネントの「独自/アプリバージョン名取得」ロジックで取得できるので、「コントロール/内容セット」ロジックと組み合わせて使うなどして、ぜひご活用ください。

Unifinityアプリケーションへのバージョン番号の付与方法