カリスマホストのROLANDさんが凄い

社長ブログ

こんにちは。

ユニフィニティーの曽良です。

今日は新元号の発表日でエイプリルフールということですが、特にそのどちらに触れることもなく、カリスマホストのROLANDさんについて話したいと思っています。

ご存知でしょうか。ROLANDさん。

私はたまたまスマホを眺めていたところ、カリスマホストに密着だということで、HostTV.comなる番組が目に留まりなんとなく見始めたところすっかりハマってしまい、結局4時間くらい観てしまいました。

ひとことで言えば要するに売れっ子ホストなんですが、まあ凄い。一晩に6,000万円とか売る。そんな高い酒があるのかよって思うんですが、なんかレミーマルタンのいいやつがあって、一本ですよ。なんと3,000万円。凄い。お客さんはどなたかわかりませんが、何か芸能人の方も多いというような雰囲気です。で、本人。飲まない。一切飲まない。凄くないですか。3,000万円の酒をお客さんが入れて、で、飲まない。なんだそれ。じゃあいらないじゃないかその酒。いわゆるシャンパンタワーとか一気飲みコールとか、そういうホストっぽいのも一切なし。逆に何をするかといえば、かなりストレートにキャラとトーク力で勝負するわけです。凄いです。密着取材なので、朝のシーンなんかもあります。が、夜の営業中と基本テンションは同じ。要するにキャラに入ってる。常に。ドラゴンボールのセル編で悟空と悟飯が普段からスーパーサイヤ人の状態で生活する修行みたいなやつありますよね。あれです。普段から戦闘力3,000万で生活してるんですね。結構早起きして筋トレして。コンビニ行くのに1時間くらいかけてヘアメイクして。めちゃくちゃ金髪で。完全にスーパーサイヤ人です。いたんですね。スーパーサイヤ人。歌舞伎町に。という感じです。凄いです。

と、なんとなく私の興奮は伝わったと思いますが、ここでいったん落ち着いて、彼の何がそんなに凄いのか、少し冷静にお伝えしていきたいと思います。

自分の仕事の意味を知る

まずはこれですね。自分の仕事の意味をすごくよく理解していらっしゃる。

私も日々いろいろな方と仕事で一緒になりますが、世の中には結局二種類のビジネスマンしかいないわけです。自分の仕事の意味をきちんと理解して動いているか、ただ言われたことをこなしているか、ですね。要するに、自分の価値が何で、誰の役に立つことができるのか、きちんと自分の言葉で整理できているか、ということです。

ホストの仕事というのは、月並みな言い方をすると、お客様を楽しませ、笑顔にして、元気になってもらうということのようです。ご本人の言葉をお借りすれば、「いい男である」ということだそうです。これが仕事の意味であって、社会における役割です。この役割をきちんと正確に理解し、どこまで真摯に向き合えるか。仕事の出来不出来を決める非常に重要なポイントだと思います。

自分の仕事に自信を持つ

次に、自分の仕事に対して、圧倒的な自信を持っています。

私が今の仕事を担当して約半年。まだまだ完全な自信にはほど遠く、単純に羨ましいです。ただ、どうすればああいった圧倒的な自信を得られるのかは知っているつもりです。簡単なことです。自分の役割を上手にやり遂げるための練習を、他人よりも圧倒的に多くこなすことです。

ROLANDさんの武器は、言葉のセンス、容姿、立ち振る舞いなどですね。これらの武器を磨くために圧倒的な努力をしています。毎日の読書やトレーニング。クリスティアーノ・ロナウドみたいな体してますからね。実際。お酒も飲まないし。トレードマークのめちゃくちゃな金髪も相当手入れには気を使っているようで、なんだかすごく綺麗です。なかなかあそこまでできるものではないでしょう。動画を観ていて、いや真面目かって何度もつぶやきましたよね。

いつでも前を向く

とても前向きな人で、凄いなと思います。

動画の中でおっしゃっていましたが、SNSの類は一切見ないそうです。ネガティブな感情が多いから。自分も思うのですが、人生を輝かせるような活力って、結局自分の中からしか出てこないんですよね。

例えば、周りを気にするのであれば、ナンバーワンホストになったり、それなりの金持ちになったらそれで終わりじゃないですか。普通。でもそうじゃないんですよね。自分の使命にしっかり向き合うということは。どうすればもっとたくさんの人を元気づけられるのかって考えるわけです。自分の使命はそれだと。そうするとこう、活力がわいてきますよね。

ROLANDさんですが、ホストクラブ界隈には家庭環境に恵まれなかった人が多いって言って、ホストクラブに来た人は元気づけてあげられるけど、そもそもそういう境遇に「いま」いる子どもたちも救いたいんだと、いうことでチャリティイベントとかも結構やってるんですよね。これって凄く前向きです。自分の仕事を抽象化させながら幅を広げていく感じ、前を向いてしっかり歩いてる感じがかっこいいです。

終わりに

以上なんですが、まあ実は別にROLANDさん自体はどうでもいいと言えばどうでもいいわけです。

他人から受ける有意義な刺激というものがあるという話です。人が成長していくうえで重要なきっかけになるものです。

先入観を捨てて自分を知り、世界を知る。自分を打ち破る。ということですね。

さあ、今年度も頑張りましょう。