展示会に向けた準備のポイント

Uni_Blog

ITweek秋に出展しました!


10月23日~25日に開催されたITweek。弊社もブースをだしておりました。

画像1.jpg

今回の展示会の開催場所は幕張メッセ。
こんな千葉の片田舎(失礼)に人が来るんだ・・・と思ってしまったぐらい遠かったです。。
私の家から、距離にして約70キロ・・・。電車で1時間50分・・・。徒歩で10時間51分・・・。

が!さすがITweek、さすがリードの集客力。
台風による雨の影響もありましたが、3日間、多くのお客様にご来場いただき、
弊社も獲得名刺枚数の目標を達成して展示会を終了することができました。(ばんざーい)

展示会は多くの人に自社や自社製品を知っていただける絶好のチャンスの場所ですし、
多少なりともお金や労力をかけているので、何かしら結果を残したいですよね。。

そこで重要になってくるのは、やはり「準備」だなと思いました。
(自分で言ってて耳が痛い・・・)

今回はその「展示会準備」において
重要だと思う3つのポイントをお伝えします。


ポイントその① 出展目的を明らかにする


まず最初に考えるべきポイントは「出展目的」ですね。
弊社の場合は、「業界・業種問わずとにかく名刺を獲得する!」が目的になります。

このような目的に合わせて、チラシやノベルティをつくったり、
出展者側が共通認識を持ち当日の対応を行ったりすることで、より結果が生まれやすくなるのではないかなと思います。


展示会準備重要ポイントその② ターゲットに響く出展物・販促ツールの制作


目的が決まった後は、ターゲットの選定も必要です。
目的や商材によっては、詳細を決めていく必要があるかもしれませんが、
弊社の場合は、「モバイル・タブレット活用を検討しているビジネスサイドの方」をターゲットとしていました。

そのうえでブースやチラシ・ノベルティ、販促動画など、
ターゲットが自社に興味を持ってくれる、目を向けてくれるようなデザインを考えていきます。

ブース↓
画像2.jpg
シンプルなデザインが好評です!


チラシ↓
画像3.jpg
ぱっと見で何のソリューションを提供しているか分かりやすくするために、表題は大切になりますね!


ノベルティ↓

画像4.jpg
サイズ感がめっちゃ可愛い!・・・が、配りにくかった・・・。これを長時間もってると手がつりそうになります。


なお、今の時代のりなんてもう使わないよというコメントは受け付けておりません。

ポイントその③ オペレーション設計

目的に合わせて、ブース来訪者の対応時間やスクリプト、役割分担等を決めておけると、なおよし!
また、展示会後のフォローをしやすくするために、見込み度のランク付け等もしておくといいですね。
たとえば、3日間で3000枚の名刺獲得が必要なら、1日で1000枚、10人いたら1人100枚、6時間は接客するとして・・・という具合に対応時間を決めたり、
お客さんの呼び込み担当と説明部隊を分けたりするなどが考えられます。

また、ある程度の説明やよくある質問に対する回答は、誰でもできるようにしておくと
当日運営がスムーズになるな~と感じました。


こんな感じで準備すれば、展示会はきっと大成功!
画像5.jpg

3日間たちっぱでしゃべり続けるのは結構疲れますが、、
色々な方とお話をするなかで自社製品をほめていただいたり、知り合いの方がブースに遊びにきてくださったりすると
とってもうれしくなってモチベーションがあがります。
(そしてさらに差し入れのお菓子があるとより頑張れます♡)

ということで、11月13日~15日の産業交流展@東京ビックサイトにも出展しますので
お時間ある方は是非お立ち寄りください!お待ちしております。