業務用モバイルアプリ ノーコード開発プラットフォーム「Unifinity」

マイクロソフト社のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました

株式会社ユニフィニティーは、Microsoft Corporation(本社:米国ワシントン州、以下「マイクロソフト社」)が提供する、スタートアップ企業の規模拡大を成功させるためのグローバルプログラムである「Microsoft for Startups」に採択されたことをお知らせいたします。
今後の展開としては、マイクロソフト社が提供する「Azure Cognitive Services」のUnifinityのプロトタイプアプリ自動作成サービスへの組み込みなど、ビジネスの現場を効率化しデジタル化を推進するアプリの提供を目指していきます。

■「Microsoft for Startups」とは
マイクロソフト社が提供し、世界140カ国以上でグローバル展開されているスタートアップ支援プログラムです。
独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的とし、当プログラムに選定されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとしたマイクロソフト社の保有する強力なテクノロジーへのアクセスに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。

「Microsoft for Startups」概要
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

■ユニフィニティーについて
ユニフィニティーは、「先端のテクノロジーをビジネスの現場に」をキーワードに、業務アプリのノーコード開発プラットフォーム「Unifinity」を提供するスタートアップ企業です。AIやクラウドをはじめとするさまざまな先端テクノロジーを活用できるアプリを誰でも簡単につくれるようにすることで、あらゆる人が自分のビジネスに熱中できる社会を実現していきます。
https://www.unifinity.co.jp/