ユーザー中心のアプリ開発の
あらゆるフェーズを支える製品群を揃えています

業務内容を反映する

開発知識がなくても大丈夫。業務整理の内容をそのままアプリ画面設計に反映できるため、現場の業務をそのままアプリ化することができます。

Unifinity Flow

実際に開発する

設計したアプリ画面はそのまま開発環境に読み込めるため、プロトタイプだけで終わってしまう心配がありません。ノンコーディングの開発環境のため、カスタマイズも自由自在。スピーディーにアプリ開発を実現できます。

Unifinity Studio

既存アプリを利用する

用意された機能を組み合わせるだけで、業務に役立つアプリをすぐに導入できます。

UniApps

アプリを活用する

Unifiniy Platformで作ったアプリはOSに依存しない環境で実行されるため、OSの違いを意識する必要がありません。OSバージョンアップの影響も吸収するため、一度作ったアプリはずっと使うことができます。

Application Player

自社に開発者がいなくても大丈夫。

Unifinity Platformでは、自力でアプリを開発することも、開発を外部に委託することも可能です。

充実のサポートサイト「Creative Lounge」

サポートサイト「Creative Lounge」では、
マニュアル・リファレンス・逆引き辞典など
開発に必要な様々な情報を取り揃えているため、
開発経験がない方でも、アプリ開発のヒントがきっと見つかります。

Creative Lounge詳細

Unifinity開発パートナーに依頼

Unifinityの活用に関してノウハウを持ったパートナー企業が
あなたのアプリ開発をサポートします。
アジャイル開発で、イメージしたアプリがすぐに完成します。

開発パートナー詳細