Application Playerを使えば、
OSの種類やバージョンを気にすることなくアプリを活用でき、
アプリのテストや管理、運用を大幅にラクにすることができます。

アプリをすぐに端末へ

Application Playerを使えば、開発中のアプリをリアルタイムに端末に同期。画面遷移の確認や、デザインの修正などを手軽に行えます。完成したアプリは、Application Playerのクラウドサービスを活用すれば、簡単に配布したい端末すべてに提供できます。

保守体制は不要

Application Playerでは、OSに依存しないアーキテクチャを採用。OSの影響を吸収するため、アプリのために保守体制を持つ必要がありません。メンテナンスをしなくても、アプリをずっとお使いいただけます。

どんな端末でも

Application Playerさえあれば、OSの種類やバージョンに関係なくアプリを実行できるため、どんな端末でもアプリをお使いいただけます。OSのバージョンを合わせたり、同じ種類の端末を揃える必要がなくなり、社内の端末管理に関わる負担も軽くなります。

Google Play で手に入れよう