アプリ開発の設計から運用までを簡単に

モバイル技術者に依存しないアプリ開発フレームワーク

モバイル技術者に依存しないアプリ開発フレームワーク
モバイル技術者に依存しないアプリ開発フレームワーク

Unifinity Studio Unifinity Studioでは、アプリの開発をリアルタイムに実デバイスでプレビューしながら、完全なノンプログラミングで行うことができます。
さらに、仕様書の生成も自動なのでアプリ開発の工数を大幅に削減できます。

モバイルアプリの開発技術者が不要

  • シンプルで使いやすいグラフィカルインターフェース
  • 画面設計、DB設定、処理定義を簡単に
モバイルアプリの開発技術者が不要

アジャイルな開発を実現

リアルタイムプレビュー

  • 開発中のアプリを、実際に利用するデバイスの画面にリアルタイムで表示し、
    画面の大きさや操作性を適宜確認
  • 更にアプリ転送を行うことで、利用デバイスでの完全な動作確認が可能
アジャイルな開発を実現

圧倒的な生産性

仕様書自動生成

  • ドキュメンテーションにかかる工数をゼロに
  • アプリ運用の属人化を予防
仕様書も自動で生成

Application PlayerApplication Playerは、異なるOS間やバージョンごとの違いを吸収し、アプリのマルチOS化を実現します。OSのバージョンアップや変更があっても一度開発したアプリを使い続けることができます。

OSの違いを吸収

  • Unifinity Studioで生成したアプリファイルをネイティブアプリとして
    マルチOS向けに展開
  • OSの違いを吸収する設計のため、バージョンの違いによる影響も無効化
複数デバイスの違いを吸収するアプリケーションフレームワーク

全画面サイズ、全機種対応

  • 機種のサイズにあわせ、Application Player内で描画した画面を自動で縮尺
  • 膨大な数の機種について個別の表示テストは不要
全画面サイズ、全機種対応

OS依存を最小化する
画期的アーキテクチャ

  • アプリ内部で描画やイベント処理を実行
  • 抽象化で以降のフローを統一化
  • OS側機能の利用を最小限に抑えることで影響を最小化
  • ネイティブAPIを実行可能
  • Bitmap形式で画面を描画しアウトプット化
OS依存を最小化する画期的アーキテクチャ